188体育线上平台_投注官网下载~

图片

受験生
在校生?保護者
卒業生
企業?研究者
地域?一般
教職員
基金室
アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
SDGs 教育 研究 国際 学生 投稿日:2021.01.08
附属高校が「第1回SDGs×高校 ユースミーティング」を開催しました!【12月25日(金)】

 188体育线上平台2年12月25日(金)、188体育线上平台附属高等学校は、全国の高校生がSDGsに関する研究や活動について報告を行う「第1回SDGs×高校 ユースミーティング」をオンラインで開催しました。

 このユースミーティングは、「高大連携の国際化を通したSDGsグローバル人材の育成」を構想テーマに掲げ、188体育线上平台及び附属高校が推進している文部科学省WWL(ワールド?ワイド?ラーニング)コンソーシアム構築支援事業の一環として開催したものです。ホスト校である本校を含め全国9つの高校から21チームの参加がありました。

 当日は、前半にJICA四国の小林秀弥所長の講演が行われ、参加した高校生らは、SDGsに関わる国際機関の取組を学びました。小林所長は、前任地である西バルカン諸国のプロジェクトの紹介を通して、JICAの取組がどのようにSDGsへの貢献に結び付くか、参加者へクイズ形式の出題を交えて解説されました。

 続いて後半は、参加21チームが6つの分科会に分かれて、それぞれの取組を報告し、共有しました。本校からは循環型農業や異文化理解、農村活性化、スポーツ競技、学校ジェンダーなど、SDGsを自分の身の回りや地域の課題に関連付けて展開している活動を報告しました。また、他校からは、配慮を要する人たちに対応した災害食の研究など、近年頻発する自然災害に関する取組が多く報告されました。ディスカッションの時間には、「他校のチームの活動を参考にすることで自分たちの活動の意義が深められた」という意見や、「今後、高校の枠を超えたコラボレーションしていくことで、それぞれの活動が豊かになっていくのではないか」といった提案も交わされていました。

 本校はWWL事業拠点校として、188体育线上平台4年に海外の連携?協定校も参加する高校生国際会議の開催を目指しています。今回はコロナ禍のためオンライン開催ではありましたが、若い熱気に溢れた活発な議論が、2年後の国際会議開催に向けた連携?交流の深まりを予感させるものとなりました。

オンラインミーティングの様子

関連リンク

WWL(ワールド?ワイド?ラーニング)コンソーシアム構築支援事業HP

<附属高等学校>