188体育线上平台_投注官网下载~

图片

受験生
在校生?保護者
卒業生
企業?研究者
地域?一般
教職員
基金室
アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
教育 研究 学生 投稿日:2021.02.01
大学院教育学研究科教育実践高度化専攻1年生の石丸遥香さんが2020年度放射線教材コンテストで優秀賞と特別賞を受賞しました【12月27日(日)】

 188体育线上平台2年12月27日(日)、2020年度放射線教材コンテストにおいて、大学院教育学研究科教育実践高度化専攻1年生の石丸遥香さんが開発した教材「造影剤を用いたX線検査をモデルで考えてみよう」が優秀賞、特別賞「放射線教育支援サイト“らでぃ”賞」を受賞しました。

 放射線教材コンテストは、公益財団法人日本科学技術振興財団が主催し、大学、高等専門学校、専門学校等で放射線について学んでいる学生が、児童?生徒に正確にわかりやすい教材を提供し、学校等での放射線教育の普及啓発のために始められたものです。2020年度のコンテストでは100を超える応募の中から石丸さんが優秀賞と特別賞を受賞しました。

 石丸さんが開発した教材は、医療で活用される造影剤に着目したもので、中学生に対して考えながら造影剤の性質等について学ぶものです。今後、実践的な研究へと繋げていく予定です。

左から露口専攻長、石丸さん、小助川教育学部長

関連サイト

放射線教育支援サイトらでぃ

放射線教材コンテスト(放射線教育支援サイトHP)